Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

FlyRigでイイ仲介業者と出会う。

ニューヨークでアパートをお探しの貴兄に。

FlyRig

一見、なんてことはない不動産検索サイトだけど、まずインターフェイスがシンプルでイイ。

マンハッタンとかクイーンズとか地区名で検索すると、Googleマップに物件が表示される。左の検索結果にマウスを持って行くと、その物件が真ん中に青く表示されるので判りやすい。画像が提供されている場合はカメラのアイコンがつく。

flyrigcom_1197118376925.jpg

で、「これはイイかも」と思ったら自分でリストアップできる。そのリストを友人にメールで知らせることも可能。

物件情報には、ユーザーが自由にコメントを投稿できる。つまり、業者の一方的な情報だけではなくて、ユーザー同士でコミュニティを作って更に詳しい情報を共有できる仕掛け。必ずしも仲介業者が、その物件に関わるすべての情報を開示してるとは限らないから、これはよろしいかと。ボクは昔、その業界にもいたのでよく判る。ついでに、その仲介業者を評価できる仕組みもある。さらによろし。

仲介業者のプロフィールと登録してる物件リストもある。

flyrig.jpg

ただし、注目すべきはこっち。実はその仲介業者も、このコミュニティに参加できる。なので、ユーザーからの質問にコミュニティ上で答えたり、情報を提供したりして、自社の評判を高めることも(その気があれば)できるし、未知の借り手に出会えるチャンスも広がる。ますますイイね。

こういう、売り手(貸し手)と買い手(借り手)がひとつのコミュニティに同居する仕組みは、ソーシャルショッピングの世界でも既にある。以前に書いた、Shopitなんかがそう。

今後はどうも、同居型がどんどん出てくるような気がするナ。(ボクもひとつ企画してるし)

●BGM
The Way Up
Pat Metheny Group
B0006M4SO6

2 Responses to “FlyRigでイイ仲介業者と出会う。”

  1. どうも。最近、空き地が戸数増加しています。空き地の問題を早期に解決しておかないと大損する潜在的な恐怖が日に日に高まっています。
    空き地を売るという人は近隣に比べてすぐに空き地買取業者査定を依頼して可及的速やかに売却物件とするのが大事です。
    その訳は空き地を欲しい人が多くはないから、厳しい環境になってしまっているためです。また空き地を有効利用する場合でも一緒です。空き地を活用するには専門知識を持った人の支援は必要不可欠です。一般人ではいくつの方法論が考えられるのか、何にどれだけの費用がかかるかという詳しいことが想定できないからです。
    想定しないうちに物事を進めると失敗になってしまいかねません。空き地問題で損をしないためには、可能な限り早く、かつ不動産屋の支援を受けることが必要条件と言えます。空き地を管理しておかないと崩壊などの可能性も否定できません。近隣に迷惑を出したなら責任は所有者が負わなければなりません。仮に、そのような事態になると管理費等の費用だけでなく賠償責任も負います。その責任はバカでかくなり、どう考えても個人では弁済することはできないでしょう。

  2. 切手シートの売却価格はチケットショップによってかなり違いが出ます。多い
    のチケットショップは切手シートの買取にあまり力を入れていない、または切手に関する専門的な知識が乏しいため、マニュアルに沿って額面の○○%で買取をするという買取方法が多くなっています。

    また、一時期流行にもなって切手を収集していた人達が多く高齢者になっていることもあり、プレミア切手があっても売却先がないという状況になっています。

    また、外国切手特に中国切手に関しては店員でも買取相場を知らなかったりすることがほとんどため、買取を遠慮されてしまうということも多々あります。 切手シートの買取なら切手の買取に力を入れている金券ショップに依頼するのが最も高額買い取ってもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。