Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

日本の開発業者にも、もっと光を。

今年は簡単に言うと、Facebookとウィジェットが業界を席巻した年だったと思う。Facebookが春にアプリケーションの開発を外部業者に開放したのを気に、一気にウィジェット開発合戦が勃発。それにつられて、他のサービスでもウィジェットの提供が後を絶たなかった。

ま、ユーザーにすれば大歓迎だったと思うし、開発業者も世に出るためのひとつの目標ができたわけだから、それはそれでヨカッタかと。

で、その「世に出る」だけど、これを見てると、もう、ため息が出ますね。TechCrunchが、今年のベンチャーキャピタルの投資事案や大手の企業買収を通して1年を総括してる。

ディールで振り返る1年(2007年版)

これ、下から上に向けて最近のケースになるけれど、なんとまぁ、その賑やかなこと。これでもほんの一部らしい。最近キャピタルの興味はバイオに移っているとは言われるものの、いかに潤沢な資金がネットベンチャーにも流れ込んでいるかが判る。それも、数十から数百億円単位で。オクですよ、オク!

ちなみに、$●●Mとあれば、イコール「●●億円」と読み替えれば概ねそんな感じ。$240Mとあったら、ざっと240億円と思えばイイ。ふ〜。

ざっと見て、ボクが印象に残ってるのは、

Joostが$45Mの調達を発表。Sequoia、Index、CBS、Viacomらが出資-5/9

CBS、ヨーロッパのLast.fmを$280Mで買収-5/30

P2P金融のProsperが$20M調達-6/20

速報: Yahoo、Zimbraを$350M、キャッシュで買収-9/17

Facebook、さらに$60Mを調達-11/30

…、もうイイか。今年の流行語で言えば、「どんだけぇ〜!」と言ったところですかね。

ネットビジネスのアイデアは、何もアメリカの専売特許ではない。日本にだって優秀な人材はいるし、やる気に燃えるビジネスパースンは一杯いるはず。

でも、その開発能力だけで世に出ることは、日本の場合、まずない。最初の一歩から相当な苦労を強いられるから、わざわざ茨の道を選ぶ開発者が出て来ない。みんな、「就職」するらしい。

つまり、問題は事業資金。自前に準備できればイイけれど、なかなかそうはいかない。しようがないので、銀行融資を申し込むも、「で、御社の実績は?」てなことを言われて、「そんなものがあれば借りに来るか」という話になる。せいぜい、国金で数百万がいいとこだ。

日本のキャピタルは、何してるんだ?と思うだろうけれど、残念ながら一部を除いて単なる融資やさんに成り下がってるというのが現実らしい。要するに、そのビジネスを世に出すためにリスクを共に背負うという姿勢が微塵もないわけで。それって、キャピタルって言わんでしょ。

で、やむなく「就職」の道を選ぶ。でも、そこにはイノベーションを起こすような開発案件があるわけでもなく、Googleのような20%ルールもなく、受託開発の毎日に明け暮れることに。こうしてあたら優秀な才能が埋もれていくことに。

そういえば、江島健太郎氏がCNetJapanで、「日本のIT業界は救いようがない。絶望的としか言いようがない。」と激烈な筆致で憂いていたのは記憶に新しい。

ニッポンIT業界絶望論

「日本でトップクラスの技術者すら吸収しきれるキャパはない。選択肢がないんだよ。」というのはツライなぁ。(引用するときりがないので是非読まれたし)

ついでに、ニコニコ動画のひろゆきさんが、『Webコミュニティでいちばん大切なこと。』のインタビューで、「サーバ代に3ヶ月で1億8000万円かかったけれど、親会社のドワンゴが許してくれているから、まあいいかと借金しながら経営している。(中略)そのうち元が取れたらいいよね、という考え方が土壌にある」なんて言ってる。羨ましい話だけれど、アメリカのスタートアップ企業をサポートするキャピタルや大手の姿勢も全くこれに近い。要するに、やってみなければ判らない、というわけだ。

Webコミュニティでいちばん大切なこと。 CGMビジネス“成功請負人”たちの考え方
水波 桂 平尾 丈 片岡 俊行
4844325078

この本は、そのひろゆきさんのインタビュー(たった8ページ)だけでも買う価値あり。オススメです。

ただ、そのニコニコ動画もエンジニアが3日でつくって、初期費用は5万円だったとか。かように今は、参入するには、そう高い障壁はない。要は、いかに続けるか、なんですね。

日本に本当の意味でのベンチャーキャピタルがもっと現れるか、もしくは個人でも小資本で投資できるファンドなんかがたくさん組成されるようになればイイんですがね。来年は期待できるかしら…。

●BGM
Stuff!!
Stuff
B000Q7ZHXM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。