Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

失敗は成功のもと

暮れも押し迫った今頃になって
ボクはある決断を強いられていた。

以前、
「実録:41歳からのネット稼業〜ドタバタ起業篇」でも書いたように
ボクは楽器の受注製作〜販売をしている。
その来年上期に販売を計画していたモデルの試作に
どうしても納得がいかないのだ。

いや、製作方には全く問題ない。
いつものように素晴らしい仕事ぶりを発揮してくれている。

そもそもの企画自体に安易な思いこみがあったのは否めない。
簡単に言えば、材料の選択ミスなのだ。
思い描いていた音で鳴ってくれないことに気づいて
とても憂鬱な気分になっていた。

この日曜日にはあるプロの演奏家にも弾いていただいて
率直なコメントをもらったが
案の定、こちらが意図しているのとは違う仕上がりであることを
今更ながらに指摘されたに留まった。

で、製作方とも相談して
これは一旦販売計画から外すことにした。

この手のものは作ってみないと判らない点が多い。
経験に基づいて、おおよそのところは予想できても
最終的には材料の個体差や製作時期の天候等々
ありとあらゆる要素が作用する。
だからこそ、手工の品物は素晴らしい出来映えのものが多いのだが。

加えて市場に送り込むタイミングについても考慮しなくてはならない。
出来たから売ろう、ではダメなのだ。
市場が求めているものをよく吟味して企画し製作しなければ
全く反応を得られないまま終わってしまう。

今頃になってだがユニクロの柳井さんがお書きになった
「一勝九敗」を読んでいる。
その中にも失敗の数々が披露されている。
そこで氏は言うのだ。

「失敗は誰にとっても嫌なものだ。
(中略)
失敗には次につながる成功の芽が潜んでいるものなのだ。
したがって、実行しながら考えて、修正していけばよい。
(中略)
実行して失敗するのは、実行もせず、
分析ばかりしてグズグズしているよりよほどよい。」

ま、これはこれで良かったんだと
気を取り直して前へ進むとしますか。

う〜〜ん、しかし、来年上期は何を売ろうかなぁ。

BGM:E.S.T “Strange Place for Snow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。