Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

CoverItLiveでリアルタイムにブログを書く。

やっぱり今年のキーワードは「リアルタイム」だぞ。

CoverItLive

一言で言うと、スポーツやカンファレンスなど、たった今、生で見ているイベントの模様をライブで投稿してしまうブログツール。。よく海外のエントリでイベント会場(例えば、MacWorldとか)からリアルタイムで投稿してるブログがあるけれど、それを誰でもが簡単にできる。なんと、画像や映像や音声もOK。

アカウントを登録して、管理画面にログインし、「Create a New Live Blog」画面で、カテゴリやタイトル、日付などを設定すると、ブログに貼り付けるウィジェットのコードを発行してくれる。

試しに貼り付けてみた。

これを先にブログに貼っておいて、今度は現場から管理画面にログインし、ライブでどんどん書き込んでいけばそのままここに表示してくれる。再読込みしなくてもイイし、プレビューも保存もなし。まさにライブ。

管理画面の書き込み欄ではこんな感じ。

coveritlive01.jpg

下の入力欄で書き込んで「Send」をクリックすれば即時に表示される。ついでに、ライブラリーが用意されていて、画像や動画もそこから引っ張ってこれる。う〜む、これは便利だゾ。

ご覧のように投票システムもあって、質問と回答選択肢を用意するだけで簡単に作れる。読者は、「Answer Now」をクリックすると回答画面が現れるのでチェックを入れるだけ。ついでに、ここからコメントを投稿できる。

要するに、リアルタイム性と双方向性を兼ね備えたスグレモノかと。これが無料で使えるのはウレシイ。ま、そのうちどこかに広告が載るんでしょうがね。

ところで、その背景は違うものの、これから増えるであろう音楽家のライブ演奏ネット中継もリアルタイム性がウリ。また、Twitterを代表とするマイクロブログが流行るのも、ドンピシャではないけれども、そのリアルタイム性でもってユーザー同志の一体感を醸し出してるのが大きな理由。

つまり、こんにちのネットユーザーはネットのリアルタイム性に目覚めつつある。

これまで、ネットというと、オンデマンドでいつでも好きなときに必要なものを引き出して来れたのがメリットだったけれども、(それはなくなりはしないにせよ)今後はこの「今、このとき」というのがキーになるかと。

かく言うボクも、春から始めるEC塾(ネットショップ開業塾)に、ネットでそのままライブ放送するシステムを導入する。だから、受講者はわざわざ神戸に来なくても自宅(もしくは自社)のパソコンでリアルタイムに受講できるわけで。

ま、講義内容は毎回アーカイブするので、あとで復習もできるのだけど、リアルタイムに全員が受講するというのがミソ。ま、詳しくはいずれ。

●BGM
America
America
B000002KDX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。