Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

Down By The River

夜更けて、帰る。

ぞろぞろと駅から吐き出されて
それぞれに濃紺の道を我が家へと戻っていく。
薄暗がりの角々に見覚えのある影が立つ。
通り過ぎようとすると、ふと消える。
振り返っても誰もいない。
あんなにたくさんの人が電車から降りたのに
いつの間にか前も後ろも暗がりだけだ。
毎日歩く道なのに、知らない街のような気がする。

風が生暖かい。
月が出ていればよかったのだけれども
今夜は雲が厚くてぼんやり霞むばかり。
気配がして目を凝らして見てみると
川沿いの道を、突然父が歩き出す。
遠い後ろ姿だが、それと判る。
声には出さずそっと呼びかけてみるが
無論振り返ったりはしない。
ず〜っと歩いていって、いなくなる。

あれはいつのことだったろう。
嵐山に鮎を獲りに行ったのは。
川底の石に足を取られて流されそうになったのは。
僕はまだ年端もいかない子供だった。
それでも父は胸まで水に浸かって
魚を獲るのに夢中だった。

こんな夜更けにいったいどこで網を張るのだろう。
訊いても答えてはくれないだろう。
だが、僕の中を流れる川の辺でまた会えることを
なぜだか僕は知っている。

BGM:友部正人 “にんじん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。