Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

やっと、アドワーズにも長いしっぽがついた。

あ〜、やっと実現しましたね〜。

これまでグーグルのキーワード広告Adwordsで、
登録設定したキーワードがクリック率0.5%以下になった場合
そのキーワードでの広告表示を自動的に非表示になってたのが
遂に撤廃された、そうだ。

当然だ。
というか、今頃?って感じは否めない。

この件、以前にも書いてるけれども
ニッチでコアなユーザーにまでリーチ出来るのが
インターネットのインターネットたる所以であるはずなのに
何を勘違いしてるのか
グーグルは0.5%以下のクリックには意味がないと決めつけていた。

「個vs個」なインターネットに、そんなマスな理屈を持ち込んでも
説得力はかけらもない。
1000分の5でも、0.5%という「集合体」ではなくて
そこに確かに「5人の個体」が存在するということ。
これを無視する神経が信じられない。

例の「長いしっぽ」にあるように
「無限の商品の中から自分の好きなものを選択するようになることで
本当に消費者が求めているものは何かということが
ピュアに理解されるようになる。
カタログの商品リストの奥の方まで消費者が読み込むようになり
(中略)
ますます好みは細分化されていく。」からインターネットなわけで。

で、その細分化された部分の合計はバカに出来ないボリュームになる。
つまり、そこにマーケットがあり売上げがあるということなのだから
勝手にカットアウトすること自体、大きなお世話どころか大迷惑なのだ。
いや、だったのだ。
ま、なくなってなにより、やれやれ、てところですかね。

ついでだけれども、
上記の0.5%ルールの撤廃も報じている今月号の「SOHOドメイン」誌は
「Yahoo!検索 最新対策」という特集が組まれてて要チェック。
ただ、上位表示されても肝心なのはサイトの中身なのでそこのところは心しよう。

もひとつ余談だが、その「SOHOドメイン」誌は来月号から
「月刊ネットショップ&アフィリ」という誌名に変わるそう。
そのものズバリのネーミングはマーケティング〜ブランディングの鉄則。
ありそうでなかった、このタイトルはきっと目を引くだろう。
内容もますます充実するようなので今から楽しみだ。

BGM:Jackson Browne “Solo Acoustic, Vol. 1

3 Responses to “やっと、アドワーズにも長いしっぽがついた。”

  1. kanagawa より:

    なるほど・・・。
    配信には乗らないような音楽、例を挙げるならリチャード・ラスキンの復刻リリースなども、オールマンのCDレーベルオーナーとして「ロングテールを掴まえる」ための戦略の一環なわけですね・・・(笑)

    冗談はさておき、しばらく前に「検索エンジン戦争」( ttp://jeff.ecjapan.jp/ )という本を読んだんですが、その著者も自分のサイトで同じことを書いています。で、彼の直近のブログでもグーグルアドセンスの値下げのことを採り上げています。

    みなさん同じように考えていらっしゃるんですね・・・。

  2. BOL伊藤 より:

    kanagawaさん、コメント有難うございます。

    いや、ま、ラスキンの場合は単に
    「好きなんで」という理由でやってるだけですが
    その想いを共有できる人たちが
    こんなにいるんだということがだんだん判ってくるうちに
    ロングテールの重要性が体感できたわけで。
    同じことを経験している方、きっと多いと思いますね。

    「検索エンジン戦争」、まだ全部読んでませんがボクも買いました。
    SEO関係の情報が豊富でとても参考になりますね。
    あ、そうそう、次回はその検索エンジンネタを書きます。

    しかし、この業界は目まぐるしい。。。

  3. kanagawa より:

    こんなとこまで顔出してスミマセン

    次回検索エンジンネタ、楽しみにしています。
    個人的に現在気になっているのは、下記3つのトピックで、貪欲に情報収集しているところなので。

    ・今後の音楽配信(非メジャー系について)
    ・今後の検索エンジンの動向(広告ビジネスへの力点の置き方)
    ・今後のSNSのあり方(携帯へのシフトの可能性)

    音楽ネタはいまいちですね。
    昨今の新しいものには元気がないので・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。