Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

未来を予測するのは意外と簡単かも。

ヘーゲルなんて全く知りませんが著者が伝えんとすること
すなわち、過去に姿を消した懐かしいものが
便利になって再び登場するという現象を
「物事は螺旋的に発展していく」と表現しているのはよく理解できます。

「使える弁証法」

使える弁証法

螺旋階段は、上から見ればぐるっと回って元の位置へ戻るけれども
横から見ればちゃんと1段上がっている。
つまり、単なる復活や復古ではなくて
レベルアップしてまた世の中に出現するというわけ。
だから、その法則を知っていると未来予測ができる・・らしいです。

そう言えば、我々の身の回りにも
ネットのおかげでまたまた陽の目を見ることになったサービスなど
思い当たることがありますね。
そこんとこも事例を挙げて紹介されています。

簡潔にポンポンと書き進められているので
速い人なら1〜2時間くらいで読めます。

ついでに

「存在するものは合理的である」
「知識社会とは、知識が価値を失っていく社会」
「矛盾とは、物事の発展の原動力である」

など、う〜む、書き出してみると「は?」て感じですが
読んでみると、これがしっかり腑に落ちて
読み終わると賢くなった気分に満たされること請け合い。

しかし、この「螺旋的発展」ですが
これ、先日なくなったドラッカー氏も書いておられました。
ついでですが、これにも載ってます。

「ドラッカー 365の金言」

ドラッカー 365の金言

さて、何月何日のページにあるでしょう?

BGM:John Lennon “Working Class Hero: The Definitive Lennon
↑1日遅れ。南無。

One Response to “未来を予測するのは意外と簡単かも。”

  1. 使える 弁証法(田坂 広志)…

    使える 弁証法田坂 広志 東洋経済新報社 2005-11-25売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools
    今年24冊目。おススメ度★★★ (more…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。