Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

コピーライティングは感情のほとばしりから。

先日は、音声ブログのことを書きましたが
話すにしても、やっぱり文章の作成能力が問われるわけです。
事実、その音声ブログをテストしたときも
パッと気の利いた文句が口をついて出ませんでした。トホホ。

ネットショップしかり、その商品についていかに要領よく解説し、
そして気持ちよく買って頂くかが肝心。
そこで、この本。

『全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術』

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

アメリカの伝説的マーケター、ジョセフ・シュガーマンの
高額セミナー(参加費22万円〜33万円)を一冊にまとめたものです。
それが1,470円(税込み)ですから、超お買い得です。

内容はかなり濃いですが、さすが名うてのライター
実に判りやすくまとめられていて
コピーライティングの具体的なテクニックについてスイスイ学べます。

「コピーライティングを成功させるには
これまでの経験、具体的な知識、そして商品・サービスを販売するために
そこから得た情報を頭の中で処理して文章にする能力が重要である。
コピーライティングとはメンタルな作業である」
う〜む、言われてみれば、確かにその通り。

だから、「優れた文章の書ける人の条件とは、
知識欲、大いなる好奇心、豊かな経験、そして仕事を面倒臭がらないこと」。
フムフム。肝に銘じましょう。

で、「コピーライティングの神髄は、その草稿を練り上げることにある」ので
商品やサービスについて伝えたいと思う感情のほとばしりを
表現を気にせず、何でもいいから、まず紙に書きつけてみること、と説きます。

さすが、シュガーマン先生、
意味もなく小手先のテクニックを伝授するのではなくて
書き手の感情をまとめることから始めるところは
やはりプロのマーケターとして本物ですね。(当たり前か)

そして、ここですね〜。
「常にコンセプトを売ること。商品やサービスを売るのではない」
これを理解するだけでも絶対違います。

引用しだすと、きりがないほどヒントの宝庫なので、ここらへんでやめますが、
後半の、「反応に差が出る22のポイント」と「役に立つ22の心理トリガー」は
成果を上げるためのエッセンスがてんこ盛りです。
手元に置かれて、時に紐解かれるとイイと思います。

オススメの好著です。

BGM:Corea/Gadd/McBride “Super Trio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。