Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

若者がすなるSNSとやらを中高年も。

なんとなく体感してたことだけど、数字で再確認。

「SNSは若者だけのものではない」—35歳以上のユーザーが4割以上

アメリカでの話だけど、例えばMySpaceの場合、35歳以上のユーザーが半数を超えているそう。他のサービスも総合すると、なんと40%以上がこの年齢層が占めている。これは、かなりのパーセンテイジですよ。ただし、若者のモノだけではないということよりも、確実に実社会に根付いてきていると見た方がイイかと思う。つまり、各年齢層に広がってきているわけですね。

ついでに、もっと注目すべきデータをメディアパブさんが紹介している。

若者の社交場のはずのMySpace,実は中高年層のたまり場に

引用すると、

MySpaceの場合,今年8月の月間ユニークユーザー数は前年同期の2.5倍以上も増えている。(中略)
33〜54歳のユニークユーザー数は,2005年8月の707万人(32.4%)から2006年8月の2265万人(40.6%)と1年間で3倍以上に急増している。55歳以上のユニークユーザー数の増え方も凄く,昨年の155万から今年は614万人と,12〜17歳層と変わらない人数に膨れあがっているのだ。

12〜17歳の月間ユニークユーザー数が、2005年8月の539万人(24.7%)から2006年8月の664万人(11.7%)と、そう大して増えていないのを考慮すると、なんともこの増えようはすさまじい。

ただ、にわかに信じられないと言うけれども、ボクはそうでもない。なぜなら、かくいうボク自身が48歳だし、ボクのいわゆるマイミク(この呼称には依然抵抗があるが)はほとんどが35歳以上だから。(至極当然ながら)

ちなみに、彼らはいずれもこのコミュニケーションツールを実に上手く利用していて、少なくともべったり座り込んで時間を浪費するなんてことはなく、必要に応じてログインするというスタンスが見て取れる。今後は、こうしたSNSを日常の道具として使うユーザー層が各年齢層に増えるような気がする。

そういう意味では、「SNSを舞台にした広告ビジネスにも,影響を及ぼしそう」という見方は正しいかも。ただ、「2年後には,日本のSNSにも中高年層がドッと押し寄せてくる」とするのは、ちょっと控え目な感じがする。ボクの感覚では、来年あたりかな。団塊の世代が定年を迎えるのを機に、ジワジワ〜っと来ますよ、きっと。

●BGM

Eric Clapton: Deluxe Edition Eric Clapton: Deluxe Edition
Eric Clapton

by G-Tools

One Response to “若者がすなるSNSとやらを中高年も。”

  1. SNSのターゲットは若者からシニア、女性へ?…

    総務省がテコ入れしている地域SNSに参加しているなかで、「mixiと地域SNSの違いはなにか」というテーマが密やかに?語られている。
    ?

    野村総合研究所上級 (more…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。