Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

昔、思い描いていたものって、こんな感じ。

あまりこういうものにピンと来ない方だけど、デモを見てアタマの上で電灯が点いた。

Google Earth対応3Dマウス「SpaceNavigator」、Logitech子会社が発表

3D Connexion

右の「LEARN MORE」をクリックするとデモビデオがスタートするので、まずそれをご覧あれ。

LiveScreenShot

ね?ほぼ自由自在に動かせる…というか、動いてるでしょ。

で、これを見てて思ったけれど、こういうことができるんならウェブ上に3Dで移動できるショッピングゾーンを作って、実際にやるようにショップを見て回ることもできるかもしれない。

よくよく考えてみれば、今ボクらが見てるウェブサイトというのは、極論すると雑誌やチラシの延長線上にあるもので、二次元の発想からそう遠くまで離れてはいない。逆に、こういう技術がなかったからこそ、二次元的に表現せざるを得なかったわけだろうけど。なんか、スゴイ話になりそうな気配。

…いや、待てよ、違うな。

どうせなら、Google Earthにデータベース化されているリアル店舗のバーチャル版を、そのまま店舗のある場所で見せた方がリアルでイイかも。商品を手に取ることは無理でも、レジに持って行って精算することなら出来そうだし。そういえば、昔、みんながイメージしてたのは、そういうのじゃなかったろうか。

というか、もうそういう計画に入ってるのかもしれない。昨日のマスタープランにはあったんだろうか。ただ、そうなってくると、エライことですよ。ショップサイトの構築方法もこれまでと全く違うものに変わるかも。

今のショップサイトの存在の仕方が「ページ」単位だとしたら、将来的には例えば「ルーム」とか「エリア」とか、よく判らないが空間を表す概念になるんじゃないかしら。ま、画面で見てたとしても。

AdWords広告なんかも検索画面だけでなくて、エリアで指定してGoogle Earth上で表示するんじゃなかろうか。今それがないのが不思議だけど。画面上にマウスを持って行くと、GoogleMapみたいにショップのところに「歳末バーゲンやってます!」の吹き出しが出たりして。

ショップだけじゃないな。GoogleBaseで、例えば京都のおばんざいのレシピを載せてるおばあさんちにも行けたりする。ピンポ〜ンてな具合に。お支払いはGoogleCheckで。おおきに。

そういうのが始まろうとしてるのかな。う〜ん、あれこれ考えてたらアタマが痛くなってきた。ちょっと休憩。ま、ウォッチしておきましょうかね。

●BGM

Living in the Material World Living in the Material World
George Harrison

by G-Tools

One Response to “昔、思い描いていたものって、こんな感じ。”

  1. finasteride on line…

    昔、思い描いていたものって、こんな感じ。 (more…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。