Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

WikipedeiaでAmazon大百科事典を作る。

米Amazonが面白いことを始めた。

Amazon Quietly Launches Amapedia, a Wikipedia For Products

Amapedia

いわく、「あなたが一番好きな商品についての情報を共有しましょう」。要するに、Wikipedeiaと組んで、Amazonの取り扱う商品についてユーザー(消費者)がレビューを投稿し一種のアマゾン大百科事典を作ろうという話。

ユーザーがするのは

・お気に入りの商品について書く
・他の人が何が好きなのかを知る
・どれほどその商品が好きか(嫌いか)を数量化する
・ソースを引用する

Amazonのアカウントを持っていれば誰でも参加できる。つまり、Wikipedeiaなので誰でも記載内容にどんどん手を入れられるわけ。この辺が一般のSNSなんかと違ってオモシロイかも。雑多な情報を登録される数だけ抱えるのではなくて、ひとつのエントリに集約されていく方が確かにあとでリファレンスしやすい。日本の価格.comに似ているけれど、そこがややニュアンスが違うところかと。

もちろん、Amazonの商品ページにリンクされているので、これも一種のソーシャルショッピングと言えるかも。ただ、Amazonにしてはサイトの作りがイマイチで使い勝手がなんとも悪い。スタートしたてだけど、間違いなくあちこちから厳しいコメントが寄せられると思う。

ところで、Read/Writeでは、今のAmazonの商品レビューがちょっと堅苦しくて古くさいものになってきてるので、それに代わるものとしてAmapediaのレビューが使われるのではないかと推測してる。う〜む、それはイイかもしれないな。

ボクは以前からAmazon(正確に言うと日本のアマゾン)のレコメンドを全く評価していない。例の、「この商品を買った人はこれも買っています」というやつ。「それも知ってるし持ってる」と言われるのがオチ。少なくともボクはそう。

だいたい同じような嗜好を持つ消費者の購入データを機械的に引っ張ってきたところで、なんの発見も喜びもないことは、孤島で一人暮らす人でない限り(そういう人を揶揄してるのではありません。たとえです、たとえ)、すぐに気づくと思うのだが。はっきり言って、消費者を見くびっているとしか思えない。

そこへいくと、個人が好き勝手に書くレビューの方がちょっと視点の違う情報を入手できるので利用価値は大きい。まして、このAmapediaで継続的に編集されるのであれば、おのずと内容も濃いものになるはず。

しかし、Ama(zon)と(Wiki)pediaでAmapediaというのは…どうもねぇ。おまけに、レビューの投稿者をAmapedianというらしい。なんか芸がない。サイトデザイナーとエディトリアル系を替えた方がイイと思うけど、大きなお世話か。

●BGM

In the Year of the Dragon In the Year of the Dragon
Geri Allen Charlie Haden Paul Motian

by G-Tools

2 Responses to “WikipedeiaでAmazon大百科事典を作る。”

  1. tummaksHese より:

    чудный веб сайт работа для девушек досуг – работа для девушек в москве, работа моделью.

  2. wall hangers より:

    For hottest news you have to go to seee world-wide-web and on the web I
    found this web page as a most excellent web site for most recent
    updates.

    Feel frdee to visit my website … wall hangers

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。