Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

ビデオでクルマ(とあなた)を売る。

もしかしたら以前にも紹介したかもしれないけれど、商品説明の参考になると思うので、ちょっと書いておきます。

Hotswap

クルマを売りたいときに、ビデオに撮ってアップできる無料サービス。なんだそんなことか、と思うでしょうが、これがなかなかシンプルにできててすっきりしてる。

普通のデジタルカメラで撮ったのでも十分。100MB以内ならアップOK。再生はフラッシュで。

トップページには、最近アップされたのがズラズラ〜っと表示されてるけれど、色や価格、走行距離、地域を入力すると、Ajaxで検索機能が働いて表示内容がすぐ変わる。

FAQのページにビデオの撮り方を解説したビデオが用意されていて、外観だけではなくてインテリアやエンジンルーム、タイヤ周り、ランプなんかもしっかり撮っておきましょうね、と。フムフム。

見たところ一般ユーザーはまだ少ない。というか、ほとんどディーラーがアップしたもので、ずっと同じセールスマンが出てくる…う〜む、せめて人を変えればね〜。

それと、再生プレイヤーのエンベッド用のコードを発行してくれれば、自分のブログやSNSのマイページに貼り付けてバイラルマーケティングに使えるのにネ。これ、今や常識だからほしいところ。

百聞は一見にしかず、と言う。読んだり聴いたりするより見た方が速いし、よく判る。

かたや、説明する方も書くより見せた方が速い。それに、売り手が自ら説明してる画像の方がバイヤーにも親近感が湧く。ま、なんかの理由で親近感なんか持ってほしくないという売り手はおよびじゃないだろうけれど。

ここのコピーもこう言ってる。”Seeing is believing.”

ただ、ビデオをむやみに編集するな、というアドバイスは傾聴の価値あり。買う気のあるバイヤーにとっては、そのままの方がライブ感があって好まれるので、わざわざソフトを使って編集しなくてもイイという話。あ、やっぱり。

つまり、プロ顔負けのビデオクリップを用意しなくても、ポイントさえ押さえてれば、判る消費者には判ると。今やもう誰も、Youtubeの画像レベルに文句はつけないでしょ。あのレベルで十分と思えば、誰でもビデオは使えるわけで。(言い過ぎか)

よそ行きの言葉使いも必要ない。普段のあなたで勝負すればイイかと。かく言うボクも、インターネットTVをやって、ようやくその辺が判ってきた。作ってはかえってよくない。素のママの方が距離感が近くてイイ。

で、消費者はモノを買うと同時に、実はそうしたあなたを買ってるんですね。

●BGM
Guitar Player
Brooks Williams
B00091QRWK

One Response to “ビデオでクルマ(とあなた)を売る。”

  1. こんばんは。
    クルマを探すならおすすめのサービスがあります。
    それは完全フリーでクルマの専門家があなたにピッタリの中古車を提案してくれるものです。
    すごく人気があってこのサービスを見るか使わないかで乗れるクルマが全然変わります。
    中古車選びで迷いたくない人は必ず使いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。