Welcome to BOL [Business On Line]

Business On Line at now…so, what’s goin’ on?…

就職もネットワークの中から。

このシーズン、就活(なんて言葉はボクらの頃にはなかったな)に勤しむ学生は何かと忙しい。(愚息もその一人)

と思ってたら、Yahoo!が「就職」をキーワードに卒業生と在学生、それに企業を結ぶSNSを始めた。

Kickstart

要するに、3者が情報を共有することで人脈作りに役立て、スムーズかつスマートな就職をアレンジするのが目的。判りやすい。

大学別に個別のネットワークができてるようで、登録すると自動的にそこに組み入れられる仕組みらしい。らしいというのは、ボクはスタンフォードでもUSCでもないので試していない。

ユーザーは、自分の大学や所属するクラブ、興味のある職業、働きたい企業などを登録してアピール開始。一方で、すでにキャリアを積んでいる先輩からさまざまな情報を入手できるのは、在校生にとっては確かに有利。ま、本人にどれほどの能力があるのかは別にして。

学生つながりと言えば、このところ何かと目につくFacebookがもともとそれが目的で始まったSNS。ただし、就職云々よりも学生ライフをエンジョイするという傾向が強い。

一方、ビジネスユースで言えばLinkedInがその筆頭で、すでにバリバリ働いているビジネスマンの人脈形成と転職に大いに役立てられている。

詰まるところ、KickstartはそのFacebookとLinkedInのちょうど中間で、両方のイイとこ取りをした感じ。ユーザー層が微妙に被っていないところが、賢い。

そういえば、先日、神戸商工会議所のセミナーでソーシャルメディアのことを話したら、「ブログをリクルートに使えませんか?」と質問されたっけ。

で、「むしろSNSを主宰されて、その中でお互いに情報共有しながらスカウトしていく方がイイのでは」と答えたことを思い出した。(ちなみに、そのときのレジュメはスライドにしてここにある)

ついでだけど、就職系のSNSといえば、これもある。

Doostang

ここは、紹介がなければ参加できないルール。先月、$1M(100万ドル)を調達したところ。近々、就職先を紹介すると手数料を支払うモデルを始めるとか。

ま、しかし、便利な世の中になったものだなぁと、卒業して26年たった今、つくづくそう思う。

●BGM
Montreal Tapes with Gonzalo Rubalcaba
Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba
B0000047F1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。